メリットとデメリット | ガールズバーの仕事内容をわかりやすく解説
上を見上げる女性

メリットとデメリット

ガールズバーで働くうえでのメリットとデメリットを比べたいと思います。

まずメリットでいうと、飲食系のアルバイトに比べて時給が良い・カウンター越しなので接待接客の必要なし・ノルマもなし・連絡先交換も強制ではない・短時間で稼げる・かけもちとして働くのにおすすめ、などがあります。
デメリットでいうと、立ちっぱなしなので足が浮腫む・接客業なので変なお客様もいる・お酒が飲めないとしんどいこともある・キャッチは季節によって厳しい、などです。

メリットから説明すると、まず時給はいいです。
キャバクラなどに比べると低いですが、居酒屋などと比べると数百円以上高くなります。
時給がいいので働く時間も短時間でOKです。
ガールズバーは水商売よりも飲食店として営業しているところもあるので、普通のバーと変わらないです。
カウンター越しでの接客なので、無理矢理触られることもまずありません。
キャバクラなどのようにプライベートの時間に営業する必要もないですし、連絡先も自分が交換してもいいと思った人と交換すればいいです。
かけもちしている方も多いので「週末だけちょこっと働きたい」「週1、2の3~4時間だけ働きたい」といっった融通もききます。
お喋りが好きで人と関わるのも好き。といった方には適した職業といえます。

デメリットでいうと立ちっぱなしなので足は疲れますが、これは慣れるしかないです。
またいいお客様ばかりではなく、お酒の席なので、たちの悪い酔っぱらいもいます。
お酒が飲めなくても大丈夫ですが、飲めたほうが働く上では楽だといえます。
またキャッチ中、夏は暑く冬は寒いので、そこはちょっとしんどいです。

接客業ですしアルコールが絡むので楽しいことばかりではないですが、どんなお仕事でも大変はことはあるので、切り替えて頑張りましょう。